「派遣労働者の同一労働同一賃金」について中部経済新聞に寄稿。

中部経済新聞 2020.3.26「派遣労働者の「同一労働同一賃金」」について取り上げた代表小岩のコラムが、「中部経済新聞」に掲載されました。

「中部経済新聞」2020年3月26日号

改正派遣法は4月1日から施行されることによって、大企業、中小企業を問わず一律に派遣労働者の「同一労働同一賃金」(雇用形態に関わらない公正待遇の確保)がスタートします。

ほとんどの派遣元では、すでに派遣先均等・均衡待遇方式の労使協定の2方式の選択を終えていますが、施行直前にもういちど基本をおさらいしておくことも大切です。

特に労使協定方式を採用する場合は毎年厚生労働省が公表する「一般賃金」に基づく賃金決定方法と評価制度をどのように導入・運用するかがポイントとなります。

今回のコラムでは、これらの改正内容と基本的な実務対応について、コンパクトに解説しています。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください

  • プロに依頼して人材派遣業許可をスムーズに取得したい方
  • 人材派遣業・業務請負業・有料職業紹介事業についてアドバイスを受けたい方
  • 開業後の労務管理やビジネスモデル構築について相談したい方

相談申込み:0120-073-608(平日10:00~19:00)

メールでの相談申込み(24時間受付)

  • 相談時間はたっぷり1時間
  • 事前予約で時間外・土日・祝日も対応
  • 内容によって出張無料相談も可能