「派遣労働者のテレワークに関するQ&A」が公開されました!

テレワーク厚生労働省から、「派遣労働者のテレワークに関するQ&A」が公開されました。

新型コロナウイルス感染症の拡大によって派遣労働者がテレワークに従事する機会が増えてきていますが、その場合の実務上の留意点について行政の見解が示された形です。

派遣労働者に係るテレワークに関するQ&A(令和2年8月 26 日)

 

具体的には、

①契約内容等
②訪問巡回・住所の把握
③苦情処理
④労務管理
⑤同一労働同一賃金
⑥機器の整備等

の6項目について、9ページに渡って記載されています。

テレワーク就業を行う場合の派遣契約の記載方法、派遣労働者の労働時間の把握、労使協協定方式の場合の指数や手当の取扱い、PCやインターネット環境などの費用負担などについては、実務上もとりわけ重要な論点といえます。

 

今はテレワークに従事する派遣労働者がいない場合であっても、今後の新型コロナウイルス感染症の「第2波」の動向や派遣先のニーズなどによってテレワークの実施が検討される場面もあると思われますので、派遣事業関係者はしっかり理解しておくことをおすすめします。

 

 

*派遣労働者のテレワーク推進については、社会保険労務士法人ナデックにお気軽にご相談ください。

ご相談フォーム

 

まずはお気軽に無料相談をご利用ください

  • プロに依頼して人材派遣業許可をスムーズに取得したい方
  • 人材派遣業・業務請負業・有料職業紹介事業についてアドバイスを受けたい方
  • 開業後の労務管理やビジネスモデル構築について相談したい方

相談申込み:0120-073-608(平日10:00~19:00)

メールでの相談申込み(24時間受付)

  • 相談時間はたっぷり1時間
  • 事前予約で時間外・土日・祝日も対応
  • 内容によって出張無料相談も可能